前へ
次へ

債務整理の種類とメリットを説明します

弁護士と相談して借金の減額や返済督促の猶予やストップを実現するのが債務整理です。
その種類としては、過払い金請求・任意整理・個人再生・自己破産の4つです。
任意整理とは、借金の減額や利息のカットを司法書士の働きで債権者と交渉するものです。
一件につき3万円の経費がかかります。
個人再生は、弁護士の働きで裁判所に借金の大幅減額と3から5年での返済計画を認めてもらうものです。
70万円の経費がかかります。
住宅財産は守られます。
自己破産は、裁判所に借金を0にすることを認めてもらうものです。
この場合は住宅や車を手放すこととなります。
4つの債務整理がありますが、過払い金請求以外の整理をすると、個人信用情報に事故の記録が残ります。
いわゆるブラックリスト入りです。
このリストは、5年ほど継続掲載されます。
ですから、この間はクレジットカードの作成も使用も出来なくなります。
あらゆるローンを組むことができず、携帯電話本体の月割りローンも組めなくなります。
個人再生では、官報公告に個人情報が3度掲載されるというデメリットもあります。
不都合な条件も考慮に入れながら債務整理をすることが大切です。

Page Top