前へ
次へ

債務整理で任意整理ができる理由

債務整理で任意整理ができるのは、なぜでしょうか。
債権者のお情けにすがるようなシステムが、なぜ、まかり通っているのでしょうか。
その答えは簡単です。
債権者の方でもお金を返してもらわないと困るからです。
たとえ返してもらえるお金が少なくなったとしても、お金を返してもらえないよりは良いという発想です。
こんな理由で債務整理のひとつである任意整理は、比較的世の中で使われている借金返済の手段です。
もう少し重い手段になりますと それは民事再生ということになります。
民事再生は個人の債務者に適用されます。
家庭裁判所などに、現在の借金が返済困難であることを訴えて、それを立証してもらうという手段です。
家庭裁判所がそれを了承してくれれば、 裁判所が認める返済方式で、比較的長期にわたり、楽に借金返済が出来るということです。
最後の手段としては自己破産というのがあります。
財産を全て失ったために、もはや、支払いができないことを、裁判所に認めてもらうことにより、それで、法律上、借金の支払い義務が免除されるということです。

Page Top