前へ
次へ

債務整理とは実に大変なことではあります

債務整理をすることによって、自分の債務が帳消しになったり減額されたりということになるわけで実にありがたいことではあるのですが、最も大きな迷惑をかける相手がいたりします。
それが保証人です。
まず間違いなく債務整理をしようとする場合において保証人にその請求が行くということになります。
借り入れ先も迷惑をかけているとは言えるのですが金融機関の場合は貸し倒れをそれなりに想定してかしているというのは間違いないので、そこまでこちら側が気にすることでもないです。
しかし、保証人は別です。
こうした行為を行ったとしてもまずその保証人に対して請求が行くということになりますのでそちらに間違いなく迷惑をかけるということになるでしょう。
だったら自己破産をして免責してもらえば良いのではないかと思うかもしれませんが、別に自己破産というのは個人単位での債務に関する免責ということになるので保証人に対してはまた別に行うことが求められます。
つまりは、自分が自己破産をしたからといって保証人に対しても免責されるというわけではなく、保証人も債務から逃れるためには自己破産形の債務整理を行わなければならないということになります。
もちろん、保証人が支払うことができるのであればそれで保証人自体が債務整理をする必要性はなくなります。

家に荷物を保管する場所がなくてお困りなら

【日本アドカスタム】主要求人広告を網羅しています

ゴキブリ退治
嫌な害虫退治は便利屋missionにお任せください

苦手な虫退治はmissionにおまかせ!
便利屋missionは迅速な対応で虫を退治いたします!

https://shine-kazokushintaku.com/
シャイン司法書士法人が運営する「家族信託相談ひろば」では、家族信託に関する様々な情報を提供しております。

このようにかなり迷惑をかける行為になってしまう可能性が高いわけですが、それでも人生をやり直すためにはとても重要なものであることは確かでしょう。
良い制度であり、また基本的にはありがたいものではあるのですが乱用をするようなことでもないですし自己破産に関しては一度行うことによって、7年は再度できないようになっていますから、覚悟しておきましょう。
まずは任意整理、ということで目指すことになるでしょうが、それがなかなか難しいことになる場合は自己破産へ、ということになるでしょう。
当然ですが、まずは弁護士に相談をするということになります。
ですから、法律相談事務所にいくようにしましょう。
相談自体に有料ということもありますが無料のところもあります。

Page Top